×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

左脳と右脳の違いは?

左脳の働き

左脳の働きは、右手の運動や論理的な思考を行う人間的な脳です。言語や数字の認識など学校の勉強でもある、読む、書く、話す、計算は左脳の役割になります。日常生活においては、仕事などの事務的な作業や人間関係を円滑に保つための情報など、左脳が司っている場合が多いのも特徴です。また、左脳は言語脳、論理脳、デジタル脳などと呼ばれています。人間が特に発達した脳であり、人間の知性の源となる脳です。左脳はパソコンのCPUのような働きをします。プログラムを利用して、文字や数字を論理的に分析します。耳から入ってきた言葉は論理的に分析され、記憶されていきます。記憶するエリアは右脳に比べ少なく、記憶するものがいっぱいになると上書きを行います。長い文章を覚えられなかったり、聞いたことを忘れるなどはこのためです。右脳はイメージ記憶に適しており、記憶術や速読術なども右脳を活用したものが多いです。そして、右脳に関連しているのが海馬という部分です。睡眠中に海馬が活動して、記憶を整理するということが研究の結果で分かってきています。必要なものと不必要なものを選別し、記憶として定着させるのが海馬の役割だといわれています。


FXに関するブログ

海馬.com